栄養価の高い根菜の健康パワーと特徴、体を温める効果や血糖値との関係




大根、人参、ごぼう、ジャガイモなどの土の中で育つ部分を食べる野菜を根菜類と言います。
根菜には、葉野菜とは違った栄養価や効果がたくさんあります。
そこで今回は、根菜の健康パワーや特徴などについてご紹介します。

スポンサーリンク

体を温めたり、血糖値にも効果あり根菜の健康パワーがスゴイ


根菜の健康効果にはどのようなものがあるのでしょうか。根菜のスゴイ健康パワーをご紹介します。

①体を温める
根菜類は体を温める作用があります。その理由は、根菜類には水分が少なく、体熱を下げないからです。また、ミネラル成分も豊富なため、代謝が良くなります。

②血糖値の上昇を緩やかにする
根菜類には糖質が豊富に含まれているため、糖質を気にする人は避けがちです。しかし、根菜類は食物繊維が豊富です。そのため、腸からの糖の吸収を緩やかにして、血糖値が急上昇するのを予防します。

③便秘を解消する
食物繊維が豊富な根菜類には便秘解消効果があります。食物繊維が腸内の不要物や溜まっている便をからめとり、便秘を解消します。

栄養価の高い根菜にはどんなものがある?また特徴は?




根菜には色んな種類がありますが、特に栄養価が高いものを特徴とともにご紹介します。

①風邪予防の根菜

・人参
βカロチンが豊富な人参は、皮膚や喉や鼻などの粘膜を正常に保ち、風邪などの感染症の予防や免疫力のアップに効果があります。

・しょうが、玉ねぎ、ねぎ
根菜類の中でも特に体を温める効果が高いものです。これらをすりおろして汁物に入れたりするとさらに効果的です。

②ダイエットや糖質制限におすすめの根菜

・大根、カブ
根菜類は糖質が多く、カロリーが高いというイメージがありますが、この2つはカロリーが少ないうえ、栄養バランスも良いので量を気にせずに食べることができます。

・ゴボウ、切り干し大根
食物繊維が特に多い根菜です。特に干し野菜は旨みや栄養素が凝縮されるため効果がアップします。食物繊維は、動脈硬化、高血圧、糖尿病などの生活習慣病予防にも効果的です。

・里芋
根菜類の中でも、イモ類は糖質が多いですが、里芋は比較的低カロリーで糖質も少なめです。また、里芋もヌルヌル成分であるムチンとガラクタンは胃腸の消化作用を助けて、便秘解消も期待できます。

③疲労回復効果がある根菜

・玉ねぎ、にんにく
玉ねぎやにんにくには、硫化アリルという匂い成分が含まれています。硫化アリルには疲労回復効果があります。

まとめ

野菜と言えば、葉野菜に注目が集まりがちですが、根菜も立派な野菜です。
根菜には体を温めたり、便秘を解消したりという嬉しい効果もあります。また、目的別に根菜を選んでより効果を期待することもできます。
一年中、手に入る根菜だからこそ毎日の食事に美味しく取り入れてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする