スイカは皮も栄養あり?きゅうりにも含まれるシトルリンの効果効能と含有量




7月27日はスイカの日、スイカは夏の果実の王様ですし、旬のスイカはまさに日本の夏の風物詩です。ぎっしりと果肉が詰まったスイカには熱中症予防を始め夏の体を元気にしてくれます。ところでスイカは実だけでなく皮にも嬉しい栄養が含まれているのです。ここでは、スイカの皮に含まれる栄養素について紹介します。

スイカの実と皮の栄養は違うの?シトルリンの含有量と効果効能


ウリ科のスイカにはたくさんの水分や糖分、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。特にスイカの実の部分にはベータカロチンとリコピンが大量に含まれています。ベータカロチンは老化防止やガンの予防効果がありますし、リコピンにも老化を防止し体の組織を若返らせる働きがあります。また、脂肪燃焼効率を良くするのでダイエットをしている女性には嬉しい果実です。

このように、スイカには栄養成分が豊富に含まれていますが、実は実だけでなく皮にも嬉しい成分が含まれています。その栄養成分はシトルリンと言い、皮の方が実より2倍も多く含まれているのです。シトルリンはアミノ酸の一種で、体内の老廃物や有害物質を尿として体外に排出してくれる働きがあります。

また、腎臓病の予防や体のむくみを解消する効果、そして血管を若返らせる働きもあるので最近注目されている栄養成分です。このようにスイカの皮には、健康効果と美容効果の高いシトルリンが豊富に含まれているので皮を捨てるのはもったいないことになります。スイカはきゅうりと同じウリ科の食物なので皮もしっかり食べることができます。皮の食べ方は、カレーに入れたりスムージにして飲んだり、漬物にして食べると美味しく召し上がれます。漢方の世界では、古くからスイカの皮は漢方薬の原料に使われていました。

スイカに含まれるシトルリンの量は、スイカ100gあたり180mgできゅうりの9.6 mg、ヘチマの57mgを大きく引き離しています。また、1日の摂取量は800mgくらいが適量です。

きゅうりにもシトルリンが含まれる、カリウムはスイカの2倍も!


同じウリ科のきゅうりにもシトルリンが含まれていますが、スイカと比較するとはるかに少ない量です。きゅうりは95%が水分でできており夏などは体温を下げる効果があります。また、きゅうりには老化防止効果のあるベータカロチンが含まれていますが、一番の特徴はカリウムを豊富に含んでいることです。カリウムは体内のナトリウムの排出を促進して血圧を下げる働きがありますし、腎臓での老廃物の排泄を促進する働きもあります。

このように高血圧の予防効果やむくみを解消する作用のあるカリウムが、きゅうりには豊富に含まれているのです。きゅうりにはその他にも、疲労を回復する成分や骨を丈夫にする成分、脂肪を分解して食欲を増進する成分なども含まれています。きゅうりは世界一栄養がない野菜に挙げられることもありますが決してそんなこともないのです。苦味があり90%以上は水分なので積極的に食べる方は多くはないのですが、健康に嬉しい栄養成分をしっかり含んでいるのです。同じウリ科の果実ではアヴォガドが栄養豊富で有名ですが、カリウムをしっかり摂りたいときはきゅうりを、シトルリンを摂りたいときはスイカの皮を食べることで必要な栄養成分をしっかり摂取することができます。


まとめ



子どもから大人まで、夏はやっぱりスイカという人が多いと思います。今度スイカを食べるときは、果肉だけでなく皮を捨てずに調理して食べてみましょう。ウォーターメロンとも呼ばれるスイカは丸ごと全部食べることができますし、女性には嬉しい美容成分がたっぷり入っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする