おならが出過ぎて困るこれって病気なの?ガスがたまる原因と解消法




我慢していても、出てしまうおなら。時と場合によっては、とんでもなく恥ずかしい思いをしてしまう事も・・特に女性の場合は気になりますよね。

「こんなにおならが出るなんて何か悪い病気なのかな?」そう不安に思っている人も多いと思います。そもそもおならの原因であるガスが溜まるのはなぜ?原因と解消法を詳しく書いていきます。


スポンサーリンク

おならが出過ぎて困る、原因はなに?






おならが出過ぎる原因は、大きく分けて二つあります。

①食べ物によってガスが出やすくなっている

おならは誰にでもある生理現象です。食べたものが腸内で消化される時に、腸内でガスが発生し、このガスによって便が押し出され、スムーズに便を排出する事ができるのです。通常の人のおならは一日に10回~15回くらいと言われています。ただ、肉や揚げ物など消化の悪いものを食べ過ぎると、食べたものが腸内に長く留まり、必要以上にガスを発生させてしまい、おならの回数も増えてしまうのです。




②空気を必要以上に飲み込んでいるため

人間は生きるために無意識に呼吸をしていますが、中には必要以上に呼吸をして空気を吸い過ぎている人もいるのです。吸い込んだ空気はゲップやおならとして排出されるので、吸い込む頻度が多い人は、その分おならの回数も多くなってしまいます。必要以上に呼吸をしてしまう原因はストレスだと言われています。考え事をしていたり、緊張している時など、無意識に息が上がって空気を多く吸い込んでしまうのです。


おなかのガスが溜まりの解消法






食事が原因の場合は、食生活を見直しましょう。

控えた方がいいのは、肉類や揚げ物、ファーストフードやインスタント食品などです。添加物の入ったものは消化に時間がかかるのでできるだけ避けましょう。積極的に食べた方がいいのは消化に良い野菜です。ブロッコリーやほうれん草などの水溶性の食物繊維がお勧めです。ゴボウなどの不溶性の食物繊維も便のカサを増やしてくれますが、食べ過ぎると便が固くなってしまい、逆に消化に悪いので、食べる量には気をつけましょう。





ストレスが原因で空気を吸い込み過ぎてしまう人は、ストレス解消に適度な運動や、半身浴などがお勧めです。体が温まると、夜、リラックスして眠りにつきやすくなります。睡眠不足が続くと、体の疲れがとれず、ストレスが溜まり易くなってしまいます。朝起きても体の疲れが取れていないのは、きちんと睡眠を取れていない証拠です。睡眠は量より質が大事ですから、眠りにつく時は、考え事をしないように心がけましょう。自分で努力してもなかなか改善されない場合は、心療内科などの専門機関へ相談するのも一つの手です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする