エビフライの尻尾は食べる派?食べない派?栄養価の高いその成分とは?




エビフライを食べる時に、尻尾まで食べる人と残す人がいます。おいしいからと言う人もいるでしょうが、意識的に食べている人もいます。

エビフライの尻尾まで食べると良いことがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

エビフライの尻尾を食べる人食べない人どっちの方が多い?




エビフライの尻尾まで食べるか食べないかの比率や、食べる時の注意点を挙げていきます。


① エビフライの尻尾を食べる人と食べない人の比率

ある情報サイトの調べによると、食べる派が約33%・食べない派が約67%となったようです。地域ごとに偏りはあるようですが、日本全体で見ると食べない派が多いようです。


② エビフライの尻尾を食べる理由・食べない理由

エビフライの尻尾を食べる人に理由を聞くと、「おいしいから」・「親から残さないように教えられたから」などが多いようです。

食べない人は、「周りはみんな食べないから」・「硬くて食べにくいから」などが多いようです。

食べる人も食べない人も周囲の環境も関わっているようです。


③ エビフライの尻尾を食べる時の注意点

エビの尻尾には毒があると聞いたことがある人もいるようですが、エビの尻尾に毒はありません。アレルギーがなければ食べて大丈夫です。

ただ、自分で作る時には注意することがあります。エビの尻尾の中には水が溜まっている場合があります。この水は汚れていることが多いので、尻尾に切れ目を入れて水を抜くようにしましょう。水を抜くことで、揚げる時の水はねの防止にもなります。

エビフライの尻尾の栄養価が高いその成分は?




エビフライの尻尾には栄養があるから食べるという人もいます。詳しく知られていないエビの尻尾にある栄養価が高い成分とは何なのでしょうか?



① カルシウム

カルシウムは誰もが良く聞く栄養素だと思います。骨や歯の丈夫さを保ったり、イライラの解消にも役立ちます。



② キチン

キチンとは、体内で消化されない特徴があります。これにより、悪玉コレステロールや塩分の排出を助けてくれます。



③ アスタキサンチン

アスタキサンチンとは、熱を加えたエビが赤くなる理由となる成分です。身体にとって有用な色素成分で、スキンケア商品などにも含まれていることがあります。

アスタキサンチンは高い抗酸化作用を持っているので注目されています。


まとめ

エビフライの尻尾を食べる人と食べない人に分かれますが、食べる人でも高い栄養価を持っていることを知らないことも多いようです。

エビフライの尻尾に含まれる成分は、高い栄養価があるので健康の改善や維持に役立つ効果があるようです。

アレルギーを持っていない人は、嫌いでなければ食べるようにした方がより栄養を取れると言えると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする