コンドロイチンが骨折や神経痛に効く!! 効能・摂取方法はコチラ

コンドロイチン 効能
コンドロイチンとは、ギリシャ語で「軟骨の元」という意味の言葉で、19世紀の半ばに動物の軟骨の研究から発見されたのがスタートとなります。

繊維や器官、細胞といった体内を構成している要素を結び、コラーゲンと共に、それらの保護及び栄養補給する結合組織の主要成分であるムコ多糖体の一種で、目の角膜や軟骨、各臓器、皮膚等の色々な部位に分布しています。

スポンサーリンク

コンドロイチンについて

サプリメントの値段
コンドロイチンは、1930年代には既に治療薬として利用されており、臨床試験も何度も行われています。つまり、薬理構造や安全性について確認されているということであり、安心して利用することが出来ます。また、加齢による体内での生産量の低下を改善するために補給する場合は、医薬品ではなくサプリメント等の健康食品でも代替できます。

効能や効果、副作用はこちら

コンドロイチンの使い方
コンドロイチンの具体的な効果は、関節痛の改善、高血圧や動脈硬化の予防、髪や爪の状態の向上、美肌等です。

一方、コンドロイチンを摂取したことによる副作用は、現在までに1件も報告されていません。元々体内に存在している成分であり、科学的に合成したものではないので、安全性において問題はありません。

コンドロイチンの摂取方法は?

コンドロイチン 副作用
コンドロイチンの体内での生産能力は、年齢を重ねるにつれて低下していきます。このために、保水性や弾力性を保つというこの成分が担っていた役割が上手くいかなくなるので、関節痛や神経痛等のトラブルが起こりやすい状態となります。これを改善するためには、外部から新たにコンドロイチンを補給するのが適当な方法です。


コンドロイチンを食事から取り入れるポイント

毎日の食事でおいしくコンドロイチンを摂取するためにコンドロイチンを多く含む代表的な食材と取り入れ方のポイントを紹介します。

【コンドロイチンをたくさん含む食品】
スッポン・ふかひれ・うなぎ・鶏の軟骨・やまいも・さといも・なめこ

コンドロイチンがたくさん含まれている食品はヌルヌルしているのが特徴です。特に吸収率が高いのは動物性ですが、毎日の食事に取り入れやすい食材は植物性ではないでしょうか。調理のコツはなるべく洗い流しすぎずに成分を逃さないようにするのが良いでしょう。汁物やサイドメニューにして継続して取り入れることがオススメです。
前述したとおり、コンドロイチンは20歳半ばをピークに欠乏していくため日ごろから食事で補うようにしましょう。

「コンドロイチン配合!ヒアルロン酸&グルコサミン」⇒

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする