【グルコサミン】コンドロイチンとの違いや効用、評判について

コンドロイチンの評判

ご自身やご家族で関節の痛みで苦しんでいる人はいませんか?「ちょっと歩いたり、階段を昇り降りするだけでも痛い!」となるとつらいですよね。また、変形関節症では、骨が変形するのは、軟骨がすり減ったためともいいます。

年齢とともにすり減った軟骨を補うため、また、骨折の予防のために、【グルコサミン】が注目されています!後半では、よく耳にする「コンドロイチン」との違いもご紹介します!ぜひ最後まで読んでくださいね!

グルコサミンの効用・効果とは?

グルコサミン 効能

グルコサミンは、もともと体内にもある成分ですが、加齢により作られなくなるんです!そうすると関節が変形し、痛みを持つ人も増えてきますよね。グルコサミンは、なんと、すり減ってしまった「軟骨」を再生してくれ、進行をくいとめることもできる成分なんですよ!!慢性的な変形関節炎の患者にグルコサミンを処方したら21日で80%の人が全般的な改善がみられているデータもあり、医師が処方する薬を含めてもっとも強力な薬だそうです。

コンドロイチンとの違いについて

グルコサミン 違い

グルコサミンは「アミノ糖」の一種で、カニやエビの殻に含まれており、コンドロイチンはサメの軟骨成分などに含まれています。グルコサミンには軟骨を再生・修復する作用があり、コンドロイチンにより軟骨の水分や弾力性、柔軟性がキープされるそうです。グルコサミンとコンドロイチンを同時に摂取した方が相乗効果により効果が高まるそうですよ!

グルコサミンの口コミや評判は?

軟骨の修復

グルコサミンの口コミ、評判はどんなものでしょうか?

☆「2、3年毎日飲み続けています。耐えがたい膝の痛みが助かりました!」

☆「母が肩を骨折して飲ませたら痛みを乗り越え、リハビリに励むようになった」

☆「マラソンで膝を痛めたけど飲みはじめて1ヶ月で痛みがなくなった」

☆「塗り薬や飲み薬では効き目なく、あきらめていたところグルコサミンを飲むと膝の痛みが無くなり、3ヶ月たった今も調子がいい」

など、痛みが改善したという声がたくさん寄せられています♪ いかがでしょうか。関節痛の救世主とも言われるグルコサミン!あなたも痛みを我慢せずに、アクティブな毎日のために試してみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする