アントシアニンが肝臓機能の回復に効果的!! 副作用はあるの?

肝機能の改善方法

広告で見たりCMで耳にすることが多くなってきた【アントシアニン】とは、いったいどんな成分なんでしょうか?これは、ジャムでおなじみのブルーベリー、クランベリー、ラズベリーなどのベリー類やブドウやナス、紫キャベツ、紫いもにも含まれている青紫の成分なんですよ!このアントシアニンが今話題になっているので、これから効果や副作用についてご紹介していきます!

アントシアニンとは?

アントシアニンの効果

アントシアニンは、ポリフェノールの一種です。赤ワインに含まれてるということで、話題になりましたよね。ポリフェノールは目の機能の向上や高血圧の予防効果があるんですよ!

また、強い抗酸化作用を持つんですが、これはどんな効果があるのでしょうか?人間は酸素を体に取り入れエネルギーにしますが、その時に活性酸素を発生させます。この活性酸素が大量になると、生活習慣病やガンなどを引き起こし、老化の原因になるとも言われています!

アントシアニンにはこの活性酸素の増加を防ぐ抗酸化作用があるので、老化予防にもいいんです!また、骨粗鬆症、脳血管障害からメタボの予防など、いろいろな効果があることがわかっています!

肝臓機能の回復・改善に効果的!!

サプリメントの副作用

アントシアニンは肝臓の機能にも働くんです!紫イモのジュースを毎日飲んだという実験では、肝機能のGTPなどの値が正常レベルに回復したそうですよ!!肝機能障害のラットを使った実験でも血中の異常物質が3分の1にまで減ったそうです! 肝機能を回復させるための1手段としてアントシアニンを考えてみてはいかがでしょうか?

アントシアニンの副作用について

ポリフェノールの効果

アントシアニンは食物に含まれているため、大きな副作用はないといわれています。もちろん過剰摂取により胃を痛めることはありますので、サプリメントなどで摂取する場合、適量を守ってくださいね。

アントシアニンはたくさんの効果があり、今後も期待される成分であることがお分かりいただけたと思います!目のお悩みだけでなく、生活習慣病の改善や老化予防に興味をお持ちなら、おすすめですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする