EPAの効果・効能とは?サプリ選びのコツを紹介!

サプリメントの副作用

EPAって聞いたことあるでしょうか?「DHAなら聞いたことあるけど…」という方も多いと思います。実はこのEPAは、近年 とっても注目されているんですよ!!ここでは、効果や効能、サプリメント選びのコツなどをご紹介していきますね!

スポンサーリンク

EPAの効果・効能とは?

EPA サプリメント

EPAは、「エイコサペンタエン酸」の略で、脂肪酸の中でも『不飽和脂肪酸』という種類に分類されます。いろんな病気の原因のひとつとされる動物性の『飽和脂肪酸』と違い、EPAを含む『不飽和脂肪酸』は、イワシやサバなどの青魚に含まれる油に入っています。

よく「中性脂肪が高いと、高脂血症や血栓症、高血圧などの原因になる」と言われていますよね。このEPAは中性脂肪を低下させる効果があるので、生活習慣病などの予防に役立つとされています。また、血小板が固まって集まる凝集を抑える効果があるので、動脈硬化の予防や改善にも役立つそうです。他にも、炎症やアレルギーを改善するので花粉症やアトピーにも効果があるとか。

DHAも同じ不飽和脂肪酸の仲間です。似た効能がありますが、コレステロールの減少にはDHA、中性脂肪の減少にはEPAがより効果的なんだそうです。目的に合わせて使い分けたいですね。

サプリ選びのコツを紹介!

EPAの効能

魚にはEPAとDHAが両方含まれています。食事で摂取するのが理想的ですが、「魚を食べる機会が少ない」「魚が苦手で食べられない」ということもありますよね。もし、サプリメントで摂取する場合は、EPAとDHAが相互に有効に働く事もありますので、両方が含まれる製品をぜひ選んでくださいね。その配合量や成分量も要チェックです!

また、不飽和脂肪酸は、酸化しやすいという性質があります。サプリメントの酸化対策がどうなっているか、製品を比較してチェックしましょう。サプリメントは魚油から抽出されているEPAがほとんどです。魚には微量の水銀や汚染物質が含まれることもあるので、妊婦さんが摂取される場合は特に成分が安全であることが証明されている製品を選びたいものですね。

実際に「EPAを摂るようになってから、健康診断の中性脂肪値が改善された!」という声もあるんです♪生活習慣病でお悩みの方、病気を予防したい方におすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする