【アントシアニン】効果効能、副作用や摂取方法について

アントシアニンの摂取方法

アントシアニンはブルーベリーや紫イモなどに含まれるポリフェノールの1種です。ブルーベリーの中でもビルベリーという品種に特に多く含まれているとされ、サプリメントなども人気になっています。

アントシアニンの効果や効能は?

アントシアニンの副作用

主な効果効能は視覚機能の改善や眼病予防効果・メタボ体質の改善や花粉症の緩和などがあるとされています。

アントシアニンが目に良いとされる理由の1つに「ロドプシン」と呼ばれる成分が深く関係しています。人間の目の網膜にあるロドプシンというたんぱく成分には光の情報をキャッチして、脳が信号を受け取ることで視覚機能を正常に保つ役割を果たしています。

しかし何らかの影響でロドプシンの再合成に不具合が生じると、疲れ目やぼやけるなどの症状を感じるようになります。アントシアニンにはこのロドプシンの再合成を促し視覚機能を活性化する働きがあります。またアントシアニンには白内障や緑内障などの眼病を未然に防ぐ効果にも優れていると言います。

副作用や摂取方法について

アントシアニンの効果

現代病とも言われるメタボ体質は暴飲暴食や運動不足などの影響で内臓に脂肪が蓄積していまう症状です。アントシアニンは副作用の報告がされておらず、目だけでなく 内臓脂肪の蓄積を抑制して、メタボ体質の改善に効果的だということも分かってきました。さらにはアントシアニンの持つ高い抗酸化作用により、花粉症などのアレルギー症状を和らげる効果もあると言われています。

このように目や体質の改善に効果的なアントシアニンの摂取方法は、保存方法や管理が難しいためサプリメントで取り入れることが理想的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする