ギャバ(GABA)の効果・効能、副作用について

GABAの効能

ストレス社会のなかでは、知らず知らずのうちにストレスを溜めて体調を崩しやすくなったり、寝不足になったりしてしまいがちです。そうした不調を解消する手助けをしてくれるのが【ギャバ】です。ギャバとは「Gamma Amino Butyric Acid」の頭文字をとったもので、植物や動物、そして私たちの体内に広く存在している天然アミノ酸の一つです。

ギャバの効果・効能は?

ギャバの副作用

これは主に脳や脊髄で「抑制性の神経伝達物質」として働いています。その効果と効能は、まずなんといってもリラックス効果です。ギャバを摂取することで、緊張しているときに出現する脳波であるベータ波を抑え、リラックスすることで発生するアルファ波を出現させることができます。

リラックスできていることで、体内の自律神経のバランスが整います。これによって、ストレスによって生じる胃潰瘍や高血圧、不眠といった症状を防ぐことができるのです。

ギャバは認知症予防にも良い

認知症予防

他にも、ギャバは認知症にも効果を発揮します。ギャバは脳への酸素の供給をスムーズにしたり血行を良くするため、脳の働きを高めることができます。そのため、年齢によって生じるひどい物忘れであったり、認知症を未然に防ぐという効果があるのです。この効果は高齢の方だけではなく若い方にも有効なため、例えば受験のときに摂取することで、力を発揮することができます。

ギャバの副作用について

GABAの効能

なお、ギャバの副作用についての報告はありません。とはいっても一時的に大量摂取したり、授乳中あるいは妊娠中に摂取することは控えた方がよいでしょう。適量を守って、快適な生活を送ってくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする