カフェインレスコーヒーが今話題!健康効果や効能について

コーヒーの副作用

コーヒーやお茶に含まれるカフェインには利尿作用などがありますが、摂取することでのデメリットもあります。コーヒーが好きでカフェインが気になる場合には、健康効果のあるカフェインレスコーヒーが良い選択です。ここでは、健康効果や効能をご紹介しますね!

スポンサーリンク

カフェインレスコーヒーとは?

カフェインの効果

カフェインレスコーヒーはカフェインを90%以上除去しているので安心して飲めます。

カフェインレスコーヒーの健康効果は、高血圧や低血圧に効果があることです。コーヒー特有の香りや苦み物質などに自律神経を高める効果があるという研究もあり、自律神経を高めることから高血圧や低血圧に効果が期待できます。また、脂肪代謝を高めることも認められており、脂肪燃焼作用でダイエット効果が期待できます。

カフェインの効果や副作用について

カフェインレスコーヒー

コーヒーにはリラックス効果、肥満を防いだり、集中力を高めるなどの効果が期待できます。またコーヒーにはカフェインが入っていますが、カフェインにも気管支拡張、利尿作用、血管収縮など様々な効能があるのです。

カフェインを摂取することでの副作用は、「胃酸を多く分泌し空腹時に飲むと胃が荒れる」「依存性がある」「鉄の吸収を阻害するため貧血になる可能性がある」「夜に飲むと良質な睡眠が得られない」などがあり、カフェインのとり過ぎは健康を脅かす可能性があるのです。

コーヒーが好きな場合でも1日5杯以上飲む場合にはカフェインのデメリットを考えて、カフェインレスコーヒーに変えることで健康効果が得られるので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする