【葉酸サプリ】 妊娠中に飲む理由や副作用は?

妊娠 画像

葉酸はビタミンBの一種。最近は妊活中の女性や妊婦さんによく知られている栄養素です。サプリで摂取する人も増えていますよね♪ここでは、葉酸の効果や副作用について紹介します。

葉酸サプリの効果・効能は?

葉酸の効果

葉酸は、レバーやほうれん草、ブロッコリー、納豆、いちごなどに含まれています。葉酸は代謝にかかわりが深く、細胞の生産や再生を助け、体の発育を促してくれます。不足すると貧血や食欲不振になることがあり、女性には必要な栄養素です。

妊婦さんにとっては赤ちゃんの新しい細胞が作られる時期、また授乳期の女性にとっても必要不可欠とされているんです。でも食品に含まれる葉酸は熱に弱くて、水にも溶けるそうです。妊娠中は体調もすぐれないこともあるし、「食べ物から取るのはたいへん!」という方も多いですよね。そこでサプリメントが注目されているんです。

妊娠中に飲む理由について

葉酸のサプリメント

妊娠初期は特に赤ちゃんの脳や内臓が作られる大切な時期ですよね。葉酸には神経障害のリスクを低減させる効果があるそうです。また妊娠中、授乳期を通して赤ちゃんの栄養やお母さんの貧血を予防してくれます。

厚生労働省で葉酸の摂取の推奨量も決められています。その証拠に、母子手帳にも神経障害の発生を減らすため妊娠初期の葉酸の摂取が重要、と記載されているそうです。

葉酸サプリの副作用は?

サプリメントの効能

葉酸そのものに副作用はないものの、サプリとして摂取すると様々な可能性が生じます。というのは、安全とされるサプリでも実際には葉酸だけでできているのではないからです。様々な成分や添加物が含まれているものもあり、その相互作用などによりアレルギー反応、副作用を起こすこともあるそうです。

また過剰摂取するとリスクもないとはいえません。妊娠中期までの1日の推奨摂取量は400μgです。サプリの成分表示をよく見て取りすぎていないか、どのような成分でどこまで安全なのか、などをチェックしてくださいね。また、妊婦さんは医師に相談の上、成分などの情報を確かめてサプリを選ぶようにし、摂取中も医師に報告して上手に摂取しましょう。

いかがでしょうか。葉酸サプリ、安全に正しく摂取すれば母子ともに健康に過ごすことができます。健康な赤ちゃんとお母さんのため、良質なものを選択したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする