【葉酸サプリ】 天然と合成の違いについて

葉酸サプリの選び方

不足すると悪性の貧血や口内炎、食欲不振などの症状を引き起こすことがある栄養素『葉酸』。これらの症状以外にも、妊娠初期の葉酸不足は胎児に神経障害が起こりやすくなるといわれており、【葉酸サプリ】を利用されている方は少なくないのではないでしょう。

しかし、サプリには天然と合成のものがあり、どちらを飲めばいいのか迷うという方も多いのではないでしょうか?ここでは、天然サプリと合成サプリの違いなどをご紹介していきたいと思います。気になる副作用についても後半でお話ししていきますね。

スポンサーリンク

天然と合成の違いについて

葉酸の効能

天然サプリは素材そのままでは吸収できない栄養素を自然のものから抽出・凝縮してつくられおり、合成のものよりも吸収率がよく、少ない量でも効果が表れやすいといわれています。しかし、合成に比べると大きさや粒数が多くなることや、高価であることがデメリットといえるでしょう。

これに対し、合成サプリは身体に必要ない化合物が含まれる可能性があり、体にマイナスに働く可能性も。しかし、天然のものに比べて安価で、飲みやすいのがメリットでもあります。

天然の葉酸サプリの特徴とは?

葉酸サプリメントの効能

天然のサプリは野菜などの栄養素がバランスよく入っているため、ほかの植物由来の栄養素を一緒に摂取することで相乗効果をもたらしてくれることがあります。天然の葉酸サプリの場合は、【ビタミンB12】と一緒に摂取するのが効果的ですよ♪

合成サプリメントの副作用は?

サプリメントの飲み方

合成サプリメントは安価で飲みやすいですが、天然由来ではない分、副作用が気になるという方は少なくないでしょう。確かに、天然のものよりも吸収率は劣りますし、身体に必要でない化合物が含まれる可能性が高いため、本来必要な栄養素の吸収を阻害してしまう可能性も。

天然、合成どちらにもメリット・デメリットはあるので、よく考慮して選びましょう。ぜひ、葉酸サプリ選びにお役立てくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする