ルテインを含む食べ物は?緑内障・白内障・飛蚊症の予防に効果的

ルテインの効果

ルテインはカロチノイドの一種です。地球上に700種類以上もある色素のことで、緑黄色野菜などに含まれているリコピンやβカロチン、アスタキサンチンもカロチノイドの一種です。

ルテインは体内に吸収されるとほとんどが目のレンズの役割をする水晶体とフィルムの役割をする網膜に蓄積され、水晶体や網膜の老化を防ぎます。また、目の老化を促進させる紫外線やパソコンなどの光から目を守り、白内障や緑内障、飛蚊症の予防をしてくれます。

ルテインを多く含む食べ物

ルテイン 食べ物

ルテインはマリーゴールドに多く含まれているのですが、毎日食用のマリーゴールドを食べ続けるのも無理があります。日常的に手に入る食べ物では、緑黄色野菜に多く含まれています。

ルテインは黄色の色素の一種のため、緑黄色野菜に多く含まれているのです。含有量でいうとホウレン草100gに10.2㎎と他の緑黄色野菜に比べて多く含まれています。ケールにもホウレン草の倍近いルテインが含まれていますが、苦みがあるため料理して使うのは難しい面があります。ブロッコリーやカボチャ、芽キャベツ、インゲン、パセリなど、緑と黄色の緑黄色野菜を中心に摂取すると良いでしょう。納豆などの豆類、卵黄にも含まれています。

1日にの摂取量は6㎎と言われています。効率よく摂取するには油を使いましょう。おひたしなどにするよりは、油で揚げたり炒め物にすることで体内での吸収率が上がり、効率よくルテインを体内に取り入れることが出来ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする