アミグダリンの効能・効果や副作用について

アミグダリンの作用

アミグダリンはビタミンB17のことであり、ガンに対する多くの研究があります。実験的にガンが日本においても、ほとんど死滅するなど、研究で立証されています。そして正常細胞に対しての、有害作用は得には認められていません。

ここでは、アミグダリンの効能・効果、副作用についてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

アミグダリンの効能・効果は?

アミグダリン 効果

体内での効果や効能としては、血液をアルカリ化しますので、正常細胞の活性作用を持ちます。ほかにも効能として、鎮痛作用もあります。抗ガン治療にとっては、極めて優秀な天然物質でもあります。

特徴をまとめてみると、ガン細胞に対する抗ガン作用が、大きくスポットを集めることになっています。アミグダリンを分解酵素のβ-グルコシダーゼが分解させるので、それが毒性となってガン細胞は死滅をすることになります。ガン以外の正常な細胞に対しては、活性作用をもたらすことにもなります。

アミグダリンには、素晴らしい鎮痛作用もあります。ベンツアルデヒドがありますので、それで酸化されて、無害な安息香酸に変換をします。アスピリンと同じような作用をもたらすために、ガンでの痛みを沈静化させることになります。

アミグダリンの副作用について

アミグダリンの副作用

ほかの正常細胞は気になるところですが、酵素であるロ一ダネーゼが大量に存在していますので、これらに守られます。そのため、マイナスの影響を正常な細胞が受けることは、全く心配がないということになります。それどころか、活性度は高まりますし、抵抗力も向上することになります。

副作用を呈する摂取量についてですが、致死量でいうと遊離した青酸の状態では、60mgとされています。しかしこの量を満たすには、多くのアミグダリンを必要とするので、通常の量を守れば、特に副作用は心配はありません

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする