スルフォラファンが乳がんの予防と治療に効果的!?食べ方や摂取量は?

乳がん スルフォラファン

スルフォラファンはブロッコリーに比較的多く含まれています。特に発芽したてのブロッコリーには大量に含まれており、ブロッコリースプラウトを食べると様々な効果が期待されます。

スポンサーリンク

スルフォラファンの効果や摂取方法

スルフォラファンの食べ方

スルフォラファンの効果としては、抗酸化作用や解毒作用、ピロリ菌の除菌、花粉症の抑制、メタボリックシンドロームの予防があります。ですが、免疫力の力や解毒酵素が働き発がん物質を無毒化しています。スルフォラファンには発がん物質を無毒化する力があり、さらに解毒酵素も活性化させるので細胞内が生き生きとしてきます。

スルフォラファンが含まれているブロッコリースプラウトの食べ方はまず、よく噛むことです。噛むことで吸収力が高まります。ジュースにしても構いませんが、より効果を得るにはそのまま食べた方が良いので加熱しない方が良いです。

ガン予防にも効果的

スルフォラファンの効果

スルフォラファンが含まれているのは野菜です。薬でないので摂取量も気にすることはありませんし食べると解毒作用は3日はもつので、3日後と食べるとより効果が現れます。

人間の体内では毎日がん細胞がうまれていますが、スルフォラファンは解毒作用や抗酸化作用があるため乳がんの予防など発がんリスクを下げることができ、治療に効果的とされています。乳がんの予防としては1日おきにサラダの中に入れるなどして食べると食べやすいですしスプラウトなので味もさほどないため、食べる直前にお味噌汁の中に入れても良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする