亜鉛とビタミンC飲み合わせはどんな効果がある?

柑橘系
亜鉛とビタミンC飲み合わせはどんな効果があるのでしょう。亜鉛とは食材の牡蠣やレバーなどに含まれるイメージが強い栄養成分です。ビタミンCはレモンや柑橘類に含まれているイメージがあります。

この2つの栄養成分を組み合わせてカラダに摂取することで相乗効果が期待されています。亜鉛とビタミンCを組み合わせて摂取することにより育毛や髪質など髪の毛に関する効果が高まります。


スポンサーリンク

亜鉛 ビタミンCの相乗効果

髪の毛

亜鉛とビタミンCの相乗効果には

亜鉛とビタミンCの相乗効果には育毛に関する効果が高いです。髪の毛を元気にする成分を調べてみると亜鉛とビタミンCになります。

l 抗酸化作用の働きで頭皮や髪の細胞の老化を防ぐ

l 代謝機能が上がり丈夫な髪質を作る

l 皮脂を抑え、頭皮環境を清潔に保つ

l ストレスに働きかけ、精神的な疲労から抜け毛を防ぐ

亜鉛とビタミンCの働きには

亜鉛とビタミンCを一緒に摂ることで吸収率を高める働きがあります。体内で吸収されない亜鉛をビタミンCが見つけるとくっ付いて吸収されやすくしてくれます。亜鉛とビタミンCがくっ付く働きをキレート作用と呼びます。


亜鉛の吸収疎外について

ファストフード

亜鉛の吸収疎外とはどのようなことでしょう

亜鉛はカラダに取入れられると半分以上、吸収されず排出されてしまいます。インスタント食品や加工食品なども亜鉛の吸収疎外の対象になります。


亜鉛は意識しないと摂取することが難しい栄養成分!?

亜鉛は多くの食材に含まれておらず、限定的な食材に含まれる栄養成分です。欧米化の食事やコンビニ、ファーストフードばかり食べている現代人にとって亜鉛は不足しやすい栄養成分とも言えます。

海藻はビタミンCを豊富に含んでいるのに、亜鉛と食べ合わせても、相乗効果は薄くなる・亜鉛は食物繊維と一緒に摂ると、吸収されにくい性質です。


亜鉛は食物繊維と一緒に摂ると、吸収されにくい性質を持っています。

海藻

海藻は亜鉛に取って食べ合わせが良くない?

海藻にも多くのビタミンCが含まれる為に亜鉛を含む食材と一緒に食べると効果が高まるイメージがあります。しかし、海藻には食物繊維も豊富に含まれる為にせっかく取り入れた亜鉛は海藻に含まれる食物繊維とくっ付き体外に排出されやすくなります。

亜鉛は食物繊維と一緒に食べると効果が薄くなる!?

亜鉛は食物繊維と一緒に食べると効果が低下します。食物繊維を豊富に含む食材と亜鉛を豊富に含む食材を組み合わせて食べると一緒にくっ付き、体内に吸収される前に体外に排出されてしまいます。


まとめ

亜鉛とビタミンCを組み合わせてカラダに取り入れると相乗効果が高まります。ビタミンCを豊富に含む食材を選ぶ際は食物繊維が少ないものがより効果が高まります。亜鉛とビタミンCを一緒に組み合わせて取り入れることで吸収率が高まります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする