亜鉛を過剰摂取すると副作用がある?亜鉛の適正量について



木漏れ日
亜鉛を過剰摂取すると副作用がある? 亜鉛の適正量について詳しく見ていきましょう。

亜鉛とは人体のカラダに欠かすことの出来ない必須ミネラルの1つです。

必須ミネラルには大きく分けて2種類に分けることが出来ます。

必須ミネラルには主要ミネラルと微量ミネラルがあり、亜鉛は摂取すべき量が少ない為に微量ミネラルに分類されます。亜鉛を過剰摂取すると副作用が現れ、身体が危険な状態になる可能性があります。


亜鉛の効果・不足するとどうなる?

牡蠣

亜鉛を多く含む食材には

亜鉛を多く含む食材には牡蠣やレバーなどが一般的に知られている食材です。牡蠣5個に含まれる亜鉛の量は13.2mgと言われ、レバーは6.9mgになります。

亜鉛の働きには

亜鉛の働きには性別を問わず生殖機能や発育、健康維持、血液、髪の毛、細胞などに必要な栄養成分の1つです。その他の栄養成分、タンパク質の合成や免疫力向上などの働きもあります。

亜鉛の適正量はどれくらい!?

亜鉛の適正量は男性1日平均8mgと言われ、女性は平均6mgになります。厚生労働省が定める1日に必要な摂取目安量は副作用や健康被害を引き起こす可能性がある為に設けられている上限値になります。

一般的に市販されている大手メーカーのサプリメントの1日の摂取量は12mg~15mgになっています。

亜鉛の効果には何がある?

亜鉛の効果には免疫機能を高め、味覚や精子、育毛、糖尿病改善など多岐にわたり効果があると言われます。

また生殖機能を高めることからED改善としても活用されている有効栄養成分です。

亜鉛不足はカラダに良くない!?

亜鉛不足のカラダは生殖機能が低下し精子や精巣が萎縮してしまう恐れがあります。


亜鉛の過剰摂取すると起こる症状や副作用がある?

サプリ



亜鉛を過剰摂取すると起こる症状には

亜鉛を短期間で過剰摂取し100mgを超えると急性亜鉛中毒が引き起こります。急性亜鉛中毒の症状には胃障害やめまい、吐き気などになります。

亜鉛の副作用には

亜鉛の副作用には嘔吐や下痢、頭痛、発熱、神経障害、肝臓障害、貧血など長期間の過剰摂取で起こりうる危険性があります。


亜鉛の過剰摂取を避けるには

バランスの良い食事

食生活の乱れを整え栄養バランス良く食べる習慣を作る

普段の食事で亜鉛の過剰摂取は考えにくいですが、牡蠣やレバーを大量に食べる食生活は控えることが重要です。

栄養バランスが取れた食事の中に亜鉛を含む食材を使い、美味しく食べることが必要です。


健康補助食品のサプリメントを服用される際は注意して含有量を予め確認して置く必要がある

国産の健康補助食品のサプリメントや精力剤でも20mgを超える亜鉛は配合されていないので、容量を正しく守って服用していれば心配はありません。

海外のサプリメントや精力剤は亜鉛の含有量が多く、注意する必要があります。


まとめ

亜鉛を過剰摂取すると副作用が現れる為に1日の適正量を正しく守ることが重要です。

健康被害を引き起こさない為にも亜鉛の過剰摂取は控える必要があります。不安がある方は医師や薬剤師にご相談してお試し頂けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする