酵素、不足してない?酵素がたくさん摂れる食品と調理法

shutterstock_401261965最近疲れやすい、何だか元気が出ない、痩せないなどの心身の不調はありませんか?もしかすると、酵素が不足しているからかもしれません。

そこで今回は、酵素のたくさん摂れる食品と摂り方についてご紹介します。

 酵素の摂取効率がアップするポイント

shutterstock_112484051
身体にいいとされている酵素ですが、摂り方のポイントがあります。

酵素を摂るには、野菜や果物を生で食べる

酵素は野菜や果物にたくさん含まれています。しかし、酵素は熱に弱いため、火を通したり蒸したりすると、酵素の効果は失われてしまいます。酵素を効果的に摂るためには、新鮮な野菜や果物を生のまま食べましょう。また、酵素はすりおろすと更に良いため、大根おろしやすりリンゴなどのようにして食べるのもおすすめです。

食前に摂取して酵素の効率アップ

酵素は食事の前に摂ることで、吸収が良くなり、消化を助ける効果があります。レストランのコース料理で、前菜として野菜が出てくるのは理にかなっているのです。食事の前に、生ジュースを飲んだり、サラダなどの野菜類から食べたりして、酵素の効果が発揮されるようにしましょう。

身体を温めて体内酵素を活性化

酵素は熱に弱い反面、44〜50度で活性が高まり、体内では38〜40度で最も活性化します。通常、人の体内温度である深部体温は37度前後です。酵素を摂る前に身体を温めておくと、酵素が活性化されて効果的です。食前にお風呂に入ったり、温かいスープを飲んだりしましょう。

調理法が決め手!酵素がたくさん含まれる食べ物

shutterstock_298878551
酵素は熱に弱いため、生で摂るのが良いのですが、生で摂るというとサラダやお刺身などしか浮かばないという人もいますよね。サラダやお刺身以外にはどんな食べ物があるのでしょうか。

カルパッチョ

カルパッチョとは、生の魚や野菜に酸味のあるソースをかけて食べる料理です。サーモン、ハマチ、タイ、タコ、イカなどのシーフードに葉野菜や玉ねぎやオリーブを合わせて食べます。全て火を通さずに食べられるため、酵素も摂れます。

マリネ

マリネとは、マリネ液という酸味のある漬け汁にシーフードや野菜を生のまま漬けておいて食べる料理です。様々な食材を漬けておくだけで出来上がるため、手軽で美味しく酵素も摂れるのが良いです。

スムージー

スムージーとは、野菜や果物をミキサーにかけてとろみのあるジュースやスープのようにしたものです。生の野菜を大量に食べるのはなかなか大変ですが、飲み物状にすることで量も摂れます。果物を入れると甘みも出て、自分好みの味にすることもできます。

酵素をたくさん含む食品

shutterstock_369685697
酵素はどのような食品に豊富に含まれているのでしょうか。種類別にご紹介します。

生野菜

葉野菜はもちろん、根菜類にも酵素が含まれています。また、ベビーリーフやミニトマトやスプラウトなどは栄養価も高く、そのまま切らずにサラダなどの料理に使えるため便利です。

果物

酵素を特に豊富に含む果物は、パイナップル、キウイ、バナナ、パパイヤなどです。また、果物は皮にも酵素が含まれているため、皮ごと食べられるものはそのまま食べたり、ミキサーやおろし器を使って食べたりすると効果的です。

発酵食品

発酵食品とは、酵母や麹などによって出来上がった食品です。納豆、チーズ、ヨーグルト、ぬか漬け、味噌、アンチョビなどです。発酵食品は加熱せずに作られているため、酵素の力も残っています。

酵素は生野菜だけじゃない

酵素というと生野菜サラダを食べるというイメージですが、たくさんの食品に含まれていることがお分かりいただけたと思います。酵素の特徴を知り、上手に美味しく摂り入れていつもの食事をグレードアップしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする