栄養不足が原因で髪トラブル、抜け毛に効く食べ物や食事

shutterstock_334696196髪の毛のパサつきや薄毛などの髪トラブルに悩んでる方は栄養不足の可能性があります。
そこで、髪トラブルに効く食べ物や食事についてご紹介します。

栄養不足が原因?髪トラブルの症状

栄養不足が原因で髪の毛の質が変わってしまいます。その症状には次のようなものがあります。

髪の毛がパサパサになる

肌と同じく髪の毛もタンパク質でできているため、栄養不足になると潤いがなくなり髪の毛がパサパサになり、絡まりやすくなったりします。

切れ毛が増える

髪の毛の先の方がちょっとの力でブチブチと切れるようになります。栄養不足による潤いがなくなることが原因です。

髪の毛が細くなる

髪の毛の細さは一本ずつ見ると分かりにくいですが、栄養不足により髪の毛が細くなると髪全体のツヤやハリやコシがなくなります。

ヘアトラブルを改善!毛質に効果がある栄養素

shutterstock_517079887
次に、髪の毛の質が変わってしまう時に不足している栄養素を挙げていきます。

タンパク質
髪の毛の成分はタンパク質からできています。タンパク質は18種類のアミノ酸からできていますが、半分の9種類は食べ物からしか摂れません。

ビタミンB群
ビタミンB群はタンパク質を代謝するためには欠かせない成分です。

亜鉛
髪の毛の成分のケラチンを造るのに必要な成分ですが、摂りすぎは免疫力の低下などの副作用もあるため注意が必要です。

ビタミンA
ビタミンAは血行促進や新陳代謝を促します。

ビタミンC
ビタミンCは抗酸化作用があり、髪の毛の老化防止に効果があります。

ビタミンE
ビタミンEは血流の改善や血管の正常化に作用するため、髪の毛に栄養を運ぶ役割があります。

栄養不足で抜け毛が増える原因

栄養不足になると抜け毛も増えます。
例えば、ブラッシングや洗髪時に抜ける髪の毛の量が増えます。また、朝起きた時に枕に抜け毛がたくさん付いていたりします。自然に抜ける髪の毛も増えるため、全体的に薄毛になったり、頭頂部や額の髪の量が減ったように見えることもあります。

抜け毛が増える原因は次のような栄養素が不足しているためです。

抜け毛に効果がある栄養成分

shutterstock_326222516
タンパク質
髪の毛の成分の99%はタンパク質です。タンパク質が不足すると髪の毛の成長がストップするため抜け毛が増えます。

亜鉛
亜鉛はタンパク質を髪の毛の成分に変える過程で必要不可欠です。髪の毛の発育には重要な栄養素です。

ビタミンA
ビタミンAは頭皮の乾燥防止に必要です。頭皮が乾燥すると抜け毛やフケなども増えます。

ビタミンB群
ビタミンB群は、タンパク質の吸収や合成、新陳代謝に関わる栄養素です。

ビタミンC
ビタミンCは、頭皮の環境を良くして老化防止や頭皮の弾力を維持したりします。

ビタミンE
ビタミンEは、血行を良くして頭皮の老化を防止します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする