【アレルギー】体質改善する食べ物、症状をやわらげる食事は?

shutterstock_536639338今や、日本人の3人に1人は何らかのアレルギーを持っていると言われています。
そして、今後もアレルギーを持つ人は増えていくと言われています。
そこで今回は、アレルギーを体質改善する食べものについてご紹介します。

スポンサーリンク

 アレルギーが起こる仕組み

shutterstock_434020822まずは、アレルギーが起こる仕組みについて説明します。

カラダの防御システムで起こる『アレルギー』

外部から体内に何らかの異物が侵入した時に、身体にはそれらを排除しようとする防御機能が備わっています。この機能がいわゆる免疫力と言われるものです。
アレルギーとは、その防御機能が特定の物質に対して過剰に働いてしまい、痒みや湿疹や鼻水などの様々なアレルギー症状を引き起こします。

アレルギー反応は過剰に働く「センサー」が原因

身体にとって大切な機能の一つである、免疫力がアレルギーになってしまう原因は抗体にあります。人間の身体にアレルギーの原因となるアレルゲン(風邪などのウイルス、花粉、ダニ、ハウスダストなど)が侵入すると、それに対して抗体が作られます。

抗体は、再び同じ物質が侵入した時に素早く対応するためのセンサーのような働きをします。例えば、インフルエンザの予防注射はインフルエンザウイルスの抗体を予め体内に入れておくことで、ウイルスが侵入した時に素早く反応しインフルエンザウイルスを撃退してインフルエンザにかかるのを予防しているのです。しかし、特定の物質に対する抗体が必要以上に作られてしまうと、ほんの少しのアレルゲンが体内に侵入しただけで過剰に反応してしまうのです。これがアレルギー反応です。

2. アレルギー体質を改善予防する食べ物は?

shutterstock_559475269アレルギーはなりやすい体質があります。そこで次に、アレルギー体質を改善、予防する効果のある栄養素についてご紹介します。

①乳酸菌

近年、乳酸菌とアレルギーの研究が熱心に行われており、様々なことが分かってきました。その一つとして、腸内細菌のいくつかはアレルギーの症状を緩和することが挙げられます。腸内環境を良くすることで効果が得られるため、ヨーグルトなどの乳酸菌をバランスよく摂るのが良いです。

②食物繊維

腸内環境を良くする代表として、乳酸菌の次に挙げられるのが食物繊維です。食物繊維を多く摂取することで、腸内細菌の中でも悪玉菌が減り、余分な脂分や毒素の排泄が進みます。結果として腸内環境が改善され、アレルギー症状の緩和に効果があるのです。

③ビタミンB群

ビタミンB群は、副腎皮質の働きに深い関わりがあります。副腎からは抗炎症作用のホルモンが分泌され炎症やアレルギーを抑えます。そのため、ビタミンB群はアレルギー体質の人には欠かせない栄養素です。

④EPA・DHA

EPA・DHAとは、魚の油に含まれている成分です。花粉症、喘息、アトピーなどに対して体質改善や予防の効果があることが分かってきています。特に青魚に多く含まれており、代表はアジ、サバ、サンマ、イワシなどです。

食生活を見直してアレルギー対策を

shutterstock_148038524アレルギー反応とは、身体の防御機能が過剰に働いてしまうことで起こります。
アレルギー体質を改善するためには、腸内環境を良くする食べ物、ビタミンB群や魚の油であるEPA・DHAを摂ることが大切です。
アレルギーに悩んでいる方は、食生活からアレルギーを改善してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする