【脳梗塞の予防】再発しないための食べ物や食事

shutterstock_315771779
脳の血管をサラサラにする薬を飲んでいる人が多いですよね。それだけ脳に負担がかかる生活を送っている人が多いのかもしれません。私の両親はくも膜下出血でした。今思い返すと脂質が多いものをよく食べていたように思います。



脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり、細くなったり、血栓が出来てしまったりして血液が脳にうまく行きわたらなくなることです。食事を見直すことで、脳梗塞を防ぐことが出来たらなにより嬉しいですよね。今回は、脳梗塞についてご紹介します。

スポンサーリンク

ストレスやたばこが原因?脳梗塞が起こる生活習慣

shutterstock_535108423
脳梗塞が起こってしまう原因とは、どのようなものが挙げられるのでしょうか?

・高血圧・糖尿病・不整脈・たばこ・運動不足・高インシュリン血症

・メタボリックシンドローム・塩分の摂りすぎ・脂質の摂り過ぎ・アルコールの飲みすぎ

・睡眠不足・過度のストレス



不規則な生活を送っていると、動脈硬化が引き起こされ血管が詰まってしまって脳梗塞になる恐れがあります。脳梗塞になってしまった場合に後遺症としては、言語障害や手足の麻痺、寝たきり、手足の痺れ、激しい頭痛などが起こります。


脳梗塞を予防する食べ物・食事、おすすめ献立

shutterstock_248958655
脳梗塞を予防するには、血中コレステロールを低下させて、血流を良くする栄養成分を摂ることが必要です。毎日の献立に簡単に摂りいれることが出来る食品が多いですよ。



「EPA・DHA」コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあり、動脈硬化を予防。

・ブリ・トロ・アジ・イワシ・マグロ・サンマ・ウナギ



「タウリン」アミノ酸の一種、血中コレステロール値や血圧を下げる働き、動脈硬化を予防。視力の衰えを予防。

・イカ・スルメイカ・タコ・カキ・カニ・アサリ・ホタテ



「硫化アリル」血液サラサラ効果、血液中の脂質を減らす働き、疲労回復効果、ビタミンB1の吸収を高める働き。

・ねぎ・にら・玉ねぎ・にんにく・しょうが・らっきょう



「食物繊維」体内で消化されない炭水化物、コレステロールを体外に排出する作用。

・ごぼう・こんにゃく・きのこ・しいたけ・しらたき・インゲン豆・ひよこ豆



「ナットウキナーゼ」たんぱく質の酵素、血栓を溶かす働き。

・納豆



「オレイン酸」酸化しにくい、血中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働き。

・オリーブオイル・なたね油・ゴマ油



「ビタミンC」強い抗酸化作用。

・焼きのり・いちご・レモン・赤ピーマン・芽きゃべつ・キウイ・パイナップル

・ほうれん草・じゃがいも



「ビタミンE」抗酸化作用。

・すじこ・めんたいこ・いくら・大豆・ゴマ



「β―カロチン」活性酵素を抑え、動脈硬化や心筋梗塞を防ぐ、ガン予防、免疫力向上。

・モロヘイヤ・小松菜・にんじん・パセリ・ブロッコリー・かぼちゃ・にら・ほうれん草



「カリウム」ナトリウムを排出して血圧を下げる働き。

・刻みこんぶ・アボカド・さつまいも・バナナ・干しひじき・さといも



「葉酸」静脈を傷つけるアミノ酸(ホモシステイン)を減らす働き。動脈硬化の進行を抑える。

・菜の花・枝豆・モロヘイヤ・アスパラ・ブロッコリー・ほうれん草



「ポリフェノール」活性酵素を除去する働き、動脈硬化を予防。

・ブルーベリー・ターメリック・はちみつ・黒酢・ぶどう・ワイン



「マグネシウム」血液が固まりにくくする働き。

・アーモンド・カシューナッツ・乾燥わかめ・ひじき・大豆・玄米

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする