ビタミンEが多い食品、たくさん含まれる野菜は?

shutterstock_363437735
ビタミンEのことをα-トコフェロールとも呼ばれます。一日のビタミンEの摂取量は、男性;700~800mg。 女性;600~700mgほどですが、サプリメントなどで過剰摂取してしまうと、骨粗しょう症を引き起こしてしまう危険があるので、毎日の食事で補うようにしましょう。



私たちが生きていくうえで大切な役割を担っているビタミンEですが、どのような働きがあるのでしょうか?ビタミンEは単独ではなく、ビタミンA、Cと一緒に摂取するとビタミンのパワーがアップします。



気軽に食べれる食品がわかっていれば毎日の献立も楽しく考えることができますね。今回はビタミンEについてご紹介します。


スポンサーリンク

ビタミンEの効果は?不足、欠乏するとどうなる?



悪玉コレステロール(LDL)により細胞膜が酸化するのを防ぎ血栓を出来にくくする役割があります。これを抗酸化作用と言います。ホルモンバランスを整えたり、生殖機能の健康維持や美肌効果、血行促進、成人病予防、がん予防、更年期障害の症状を和らげる、免疫力アップなどの働きがあります。



ビタミンEが不足すると、不飽和脂肪酸(細胞を保護したり、活力を与える役割を持つ)が酸化してしまい、細胞膜が弱くなったり、壊れて出血してしまいます。不足するとどのような症状が引き起こされるのでしょうか?

・動脈硬化・不溶性貧血・感覚障害・神経障害・血行障害・ホルモン分泌障害

・不妊・老化・がん・成人病・心臓病・脳卒中・冷え性・肩こり・色素沈着・肌のシミ

動脈硬化になってしまうと、高血圧や心臓病、脳卒中にもなりやすくなってしまいます。


ビタミンEがたくさん摂れる食品食材や野菜は?



ビタミンACE(エース)は抗酸化作用を向上させます。この3種類を同時に摂ることで免疫力もアップし、健康を保つことができますよ。

ビタミンEを多く含む食品

・米ぬか油・大豆油・菜種油・綿実油・サフラワー・オリーブ油・ひまわり油・とうもろこし油・マヨネーズ・アーモンド・ひまわりの種・落花生・ピーナッツバター

・とうがらし・アボカド・モロヘイヤ・赤ピーマン・しそ・西洋かぼちゃ

・はまち・うなぎ・すじこ・あゆ・うに・かに・いくら・めんたいこ・ほたるいか・あんこうの肝・からすみ・キャビア・米・小麦胚芽・抹茶

ビタミンCを多く含む食品

shutterstock_265791968免疫力向上、ストレス緩和

・赤・黄ピーマン・トマト・アセロラ・ブロッコリー・キウイ・焼きのり

・抹茶・たらこ・西洋かぼちゃ

ビタミンAを多く含む食品

免疫力向上、粘膜、皮膚を健康に保つ

・鶏レバー・豚レバー・うなぎのかば焼き・にんじん・ほうれん草・西洋かぼちゃ

・トマト・モロヘイヤ・マーガリン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする