眼精疲労や老眼の目にいいアスタキサンチンは網膜が必要だと認めた栄養成分 


最近ではスマホの普及により、電車の中から寝る直前までスマホを手放すことができない人がたくさんいます。そのように若い頃から目を酷使していると、いずれ眼精疲労や老眼になる可能性が高くなります。まさに、目の病気は国民病といわれる時代になろうとしています。ところで目の健康にいい注目の栄養成分であるアスタキサンチンをご存知ですか?ここでは、眼精疲労や老眼に予防効果のあるアスタキサンチンについて詳しく紹介します。

アスタキサンチンは眼精疲労や老眼など、なぜ目にいいの?


加齢やストレスなどで眼精疲労を引き起こすこともありますが、ここ数年の傾向としてはパソコンやスマホの見すぎによる眼精疲労が多くなっています。スマホなどを見続けていると目の筋肉が緊張した状態が続き眼精疲労になります。その症状は、目が疲れ視界がかすんだり、目に痛みを伴うこともあります。老眼は老化現象の一つで近くのものが見えにくくなる症状です。加齢に伴い、レンズの役割をしている水晶体を動かす毛様体筋の柔軟性が失われた結果、ピントがうまく合わなくなりものが見えにくくなります。


アスタキサンチンはなぜ目にいいのか



太陽の紫外線によって目の表面では活性酸素が発生します。活性酸素は目の組織を錆びさせて老化させてしまいます。その作用を抑制する働きのことを抗酸化作用といいますが、

アスタキサンチンには強い抗酸化力があり目の組織を守ることができます。

ところが、アスタキサンチンが凄いのは強い抗酸化力だけでなく、特別な性質を備えているところです。目は悩に近くたくさんの神経の束で悩と繋がっています。目の組織の中には、目の血管を通して大切な悩に余計な物質が入らないようにする働きがあります。

そのため、他の器官とは異なり目にたどり着くことができる物質は、網膜に必要な栄養成分のみとなっています。つまり、目にたどりつけることのできる数少ない物質の一つがアスタキサンチンです。まさに、目にとっては優秀な栄養成分なのです。アスタキサンチンは目の網膜が炎症を起こしたり、活性酸素の被害を防ぐことができるのです。ちなみに、ビタミンBやEは同じように抗酸化作用がありますが、目の網膜には到達することができません。


その他の効果

アスタキサンチンには目の疾患を予防する他に、美肌・美白効果があります。強い抗酸化力があるため、紫外線を浴びることでできるシミやシワを予防する効果があります。その他にも動脈硬化やメタボの改善効果、筋肉疲労を軽減する効果もあります。


アスタキサンチンはどのくらい摂取すればいいの?他に、目にいい栄養成分は?


アスタキサンチンは赤色の天然色素で、人の体内では作ることができません。サケやイクラ、カニ、エビなどに多く含まれています。

1日の摂取量の目安は2mg~6mgとされています。サケだと切り身1切れ、エビですと10匹くらいになります。効率よく摂るためにはサプリの飲用がおすすめです。サプリには、目にいい栄養成分が何種類か配合されているので効率的に摂取することができます。

他に目にいい栄養成分は

よく知られている栄養成分は、ブルベリーに含まれているアントシアニンです。この成分にも強い抗酸化力があり目の機能を向上させる働きがあります。また、ほうれん草やブロッコリーに含まれているルテインには水晶体の働きを良くする作用があります。さらに最近注目されているものとしてはクロセチンがあります。クロセチンはクチナシの果実に含まれており目の老化防止に効果を発揮します。

まとめ


眼精疲労は知らぬ間に進行していき自然には治らない疾患です。ひどくなると頭痛や肩こりなどの症状も現れてきます。生活習慣を変えたり、アスタキサンチンのように目にいい栄養成分を摂取していくことで改善されていきます。どうぞ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする