風邪や肌に抗菌作用があるカテキンの効果、効能ここがスゴイ!


健康に対して意識が高い日本人。特に最近は「トクホのお茶」などが店頭に並んでいます。お茶は他国でも「万病に効く秘薬」として伝えられており、英国では紅茶が有名ですが、日本といえばやはり緑茶です。緑茶には「渋味」「苦味」「うまみ」などの味わいが楽しめますが、そんな緑茶がなぜ体に良いのか、ここでは緑茶成分のカテキンについてお伝えしていこうと思います。


スポンサーリンク

風邪にも効いて肌も抗菌?カテキンの効果効能がスゴイ


カテキンはポリフェノールの一種で、カテキンは主にお茶の「渋味」成分と言われています。カテキンの効果を知る前にポリフェノールが体にどう影響を及ぼすか確認しておきましょう。ポリフェノールは抗酸化作用(O2を取り入れエネルギーを作る過程に一部のO2が化学変化を起こし、活性酸素を作り、動脈硬化などの生活習慣病や老化を招く酸化を抑制させる作用のこと)があります。要するに悪いモノから体を守り、良い細胞を作り出す効果があるということです。そのためお肌にも効果があるということです。ポリフェノールには数多くの種類があり、チョコレートやワイン、大豆などに各種のポリフェノールが存在します。そのポリフェノールの一種のカテキンにはビタミンE、ビタミンCの何倍もの効能あるため、抗酸化・抗菌作用に優れています。抗菌作用に優れているため風邪も引きにくくなると言われています。またカテキンのEGCG(エピガロカテキンガレート)はコレステロールが吸収されるのを防ぐ効果があるため、血中コレステロール値が低下するということが証明されていますし、その他に脂肪燃焼効果、がん予防などにも効果があると言われています。

しかしながら過剰摂取は好ましくありません。緑茶にはカフェインがコーヒーの約1/3と低いですが含有されています。また鉄分とタンニンという成分が結合しやすいため、鉄分不足にもなりかねません。貧血の人は緑茶を控えた方がいいという理由はそこにあります。一日の摂取量は明確にはないですが、1000㎎以下が妥当なのではないでしょうか。


ヘルシア緑茶(高濃度カテキン入)家でいれるには濃いめに淹れる?それとも量が多め?


急須で入れた一杯の緑茶には約100~150㎎の茶カテキンが含まれています。ヘルシア緑茶は1本に540㎎が含有されており、湯飲み約5杯分となっています。ヘルシア緑茶は1本350ml内に5杯分の540㎎のカテキン量が含有されており、そのためヘルシア緑茶は高濃度と言われているのです。家で湯飲み5杯くらい簡単!と思いますが、家でゆっくりお茶を淹れて飲んでいる方は居ますか。しかも5杯です。高齢の方は自然とお茶を淹れ、飲んでいるとは思いますが、一人暮らしの方はなかなかお茶を淹れてまで飲んでいる方は珍しいのではないでしょうか。お茶の濃度を濃くして飲もうと思っても、現代人にとってはあまり気が進まず、継続してカテキン摂取はできないと思います。そういう現代社会に生きる私たちがカテキンを摂取しやすいように作られたこのヘルシア緑茶。1日1本で十分なカテキン摂取ができます。

昔から飲まれ、好まれてきた緑茶。今現在でも緑茶が注目されているのには理由があります。ぜひ、カテキンを意識的に取り入れ、健康的な体を作っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする