小豆や大豆の成分サポニンやポリフェノール成分の多い食材(食品)と健康効果




コレステロール値を下げ血糖値を抑制してくれるサポニン。免疫を高め老化を抑制してくれる嬉しい効果も。またポリフェノールは動脈硬化や脳梗塞を防ぎ、ストレスを感じにくくする他、活性酵素により肌の若返りにの効果もあります。腸内環境も整えてくれる為便秘解消の効果も得られます。その2つの成分が配合されている最も馴染の深い食材が小豆や大豆なのです。

小豆や大豆の成分サポニンやポリフェノール成分の多い食材




サポニンが含まれている食材はごぼうや人参、黒豆です。高麗人参、高野豆腐はサポニンが多く含まれています。その他食品では大豆製品が挙げられます。湯葉、納豆、油揚げ、おから等があります。飲み物でも摂取は可能です。豆乳やごぼう茶で美味しく取り入れる事ができます。

ポリフェノールはブルーベリー、すもも、いちご、ぶどう等果物に多く含まれています。飲み物で一般的に知られているのがワインとコーヒーですね。その他緑茶や紅茶にも多く含まれています。食品ではカカオ豆と大豆製品に多く、代表的なものはチョコレートです。

ポリフェノールは抗酸化作用、抗菌作用、脂肪燃焼作用があり健康はもちろん女性に嬉しいアンチエイジング効果も期待できます。特に気にしていなくとも、日頃の生活で口にしている食品に多く含まれているのが分かりますね。馴染み深い食材が多く、日本人は昔からサポニンとポリフェノールを日常的に摂取しているのが分かります。自然と食卓に並ぶことの多い食べ物、しかしその効能知ってしまうと積極的に取り入れたくなる事でしょう。

サポニンの健康効果は?




ポリフェノールはTVやCMでもよく耳にする機会が多い成分ですね。ですが、サポニンとは何か知っていますか?初めて耳にするという方も少なくないでしょう。サポニンとは植物に多く含まれている成分です。葉、根、茎に含まれている他ヒトデやナマコの体内にも含まれています。水に振り混ぜると石鹸のように泡立ち界面活性作用がおきます。そんなサポニンは健康効果が注目させている成分の一つです。

サポニンはコレステロール値を下げてくれる他、血流改善作用によって動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の改善や予防となります。また免疫力もアップさせる事により風邪や病気にかかりにくい体つくりができるのです。肝機能を高め脂肪の吸収も抑えてくれるサポニン。年齢とともに衰えてくる内蔵機能を正常化に。

サポニンを含む食材で上手に体内へ摂取していきましょう。日頃から食事に取り入れる事で健康維持していきましょう。


工夫して食生活にサポニンを取り入れましょう。


大豆製品なら簡単に取り入れ可能です。豆腐や納豆はもちろん私達日本人には馴染みの深い食品の大豆。苦手な方はごぼうと人参を一緒に取れるきんぴらごぼうがお勧めです。小豆はデザートで取り入れましょう。あんこは小豆でつくられている為、大福やたい焼、あんみつ等から美味しく取り入れられます。ポリフェノールも同じです。コーヒーや紅茶はもちろん日本人ならではの緑茶から取り入れられます。どれも気がつかずに取り入れていた物が多いですね。身近な物からサポニンとポリフェノールが実は手軽に取り入れられていたのです。効果と作用を知った上で、これからは積極的に食卓に並べてみてはいかがでしょうか。健康効果の他美肌効果やダイエット効果、アンチエイジング効果も得られるのも嬉しいですね。サポニンとポリフェノールで健康と若返りを手に入れましょう。