カフェインをとると気持ち悪い吐き気、カフェイン中毒かも原因や対策法




カフェインはお茶やコーラにも含まれていますが、代表的なカフェインを含む飲み物と言えばコーヒーですよね。毎日、コーヒーを飲む事が日課になっている人も多いと思います。ただ、一日に何度も飲んでいると、吐き気がしたり、気持ち悪くなってしまう人も中にはいます。

原因は何なのでしょうか?吐き気や頭痛を感じた時の対策法は?詳しく書いていきます。




スポンサーリンク

カフェイン中毒?吐き気、頭痛の原因

①頭痛の原因

カフェインは多量に摂取すると、筋肉を緊張させる働きがあります。

緊張状態が続くと、体の筋肉は固くなり、血行が悪くなってしまい、頭痛の原因になってしまうのです。


②吐き気の原因

・血行不良

よく肩こりなどが原因で、頭痛と吐き気を感じる人がいますよね。

カフェインによって体の血行が悪くなってしまうと、胃の働きも悪くなってしまい、消化不良を起こして吐き気を感じる場合があるのです。

胃がムカムカするような吐き気の場合は、消化不良を起こしている可能性があります。



・胃液の分泌量が増えるため

カフェインには胃液の量を増やして消化を促進させる働きがあるのですが、取りすぎると必要以上に胃液が分泌されて、吐き気の原因になってしまいます。

胃液が上に上がってくるような吐き気の場合は、胃液や胃酸が出すぎている可能性があります。



・自立神経の乱れ

カフェインによって興奮状態が続くと、自律神経のバランスが崩れて、吐き気を引き起こしてしまう場合があります。


カフェインで吐き気が起きた時の対処法


・水分を多めに摂る

体の中のカフェインを早く排出するために、水を多めに飲むようにしましょう。

冷たい水を一気にたくさん飲むと、胃に負担がかかってしまうので、お湯やぬるま湯を少しずつゆっくりと飲むようにして下さい。



・しばらく固形物を食べない

吐き気を感じている時は、食事をしても、きちんと消化されずに吐き気がひどくなってしまいます。

落ち着くまでしばらく食事は控えましょう。



・軽い運動やストレッチをする

固くなった筋肉をほぐすために軽い運動やストレッチがお勧めです。

深呼吸をしながら行う事で、リラックス効果も得られ、自律神経を整える効果もあります。




ノンカフェインの飲み物でカフェインの吐き気を予防する


・牛乳

牛乳は胃の粘膜を保護してくれる働きがあるので、適量飲む事で吐き気を予防してくれる効果があります。

ただ、体質的に牛乳が合わない人は、逆にお腹を下してしまうので気をつけて下さい。



・生姜湯

生姜は体を温めて胃の血行を良くする働きと、リラックス効果があります。

生姜と蜂蜜をお湯で薄めたものを、コップ一杯飲むのがお勧めです。



カフェインは一日250mg以上摂っていると、カフェイン中毒になってしまい、飲まないとイライラしたり、集中力が散漫になるなどの悪影響があります。

そうなってしまう前に適度な量を摂るように心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする