COPDは肺チェックで早期発見!初期症状が気付きづらくいつのまにか末期に






COPDという言葉をご存知ですか?COPDは慢性閉塞性肺疾患という病気で、何らかの原因で肺が炎症を起こし、息苦しくなったり、咳や痰が増えるといった症状が見られます。あまり馴染みのない言葉かもしれませんが、高齢者に多く見られる病気で決して珍しいものではありません。COPDは現れる症状から気付かれにくく進行が早い病気とされており、気付けばもう末期ということも十分にあり得ます。

また、心臓病や糖尿病といった病気とも合併しやすく、これらの病気を合併することで進行が悪化し、死亡率も上がることがわかっています。




COPD(慢性閉塞性肺疾患)の原因はタバコ、受動喫煙も要注意


COPDは喫煙が最も大きな原因です。喫煙者の15%~20%ほどがCOPDを発症、またCOPD患者の90%は喫煙歴があると言われています。

また、影響があるのは喫煙者本人だけではありません。喫煙者の吐き出した煙やタバコから出ている煙を吸うことで起こる受動喫煙にも注意が必要です。ニコチンやタールなどの有害物質は喫煙者本人が吸い込む主流煙よりも副流煙に多く含まれていると言われています。さらに、喫煙者の服や髪についた臭いも三次喫煙と言われ、健康への影響があります。




COPD(慢性閉塞性肺疾患)、アイコス等の電子たばこは?


では、話題になっている加熱式タバコのアイコスはどうでしょうか。アイコスは従来の紙タバコに比べ、有害物質であるタールの含有量が9割以上削減されています。また、前項で挙げた副流煙の影響も激減します。健康被害の原因となるタールが大幅に減ることで、アイコスは従来の紙タバコに比べ、肺の炎症を抑え肺機能を適切に維持する結果が出ているそうです。ただし、健康被害はゼロではないので完全に可能性がないとは言い切れません。


タバコ以外の原因


COPDの原因は、タバコだけではありません。α1-アンチトリプシン欠損症という病気、大気汚染もそれぞれCOPDの原因だと言われています。α1-アンチトリプシン欠損症とは遺伝によって起こる病気とされていますが、日本人ではその発症が稀だと言われているそうです。大気汚染は外気はもちろん、換気の不十分な室内でも起こり得る可能性があります。また、中国で問題になっているPM2.5もその原因の1つです。



COPDは一度かかると完治が難しい病気です。目に見える大きな症状が現れる前に早期発見・治療をすることで、健康的な生活を送ることができます。もし身体に息切れなどの不調を感じた際には病院へ行き、問診および呼吸機能検査で肺のチェックをしてもらってください。

万が一、COPDと診断された際には医師・看護師とよく連携を取り、禁煙・薬物療法・呼吸リハビリテーションの方法で日常生活に支障のない程度まで回復をさせることが必要です。

早期発見のためには日頃から身体の状態に敏感になることが大切です。少しでもリスクを減らせるよう、喫煙者はタバコの吸い方を見直しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする