手軽なストレッチが出来るラジオ体操のここがすごい!健康への効果と理由






小学生の頃、夏休みの朝といえばラジオ体操で始まりました。どなたにも経験のあるラジオ体操ですが、実はすごい健康効果があるのをご存知でしたか?ラジオ体操をまじめに行うとウォーキングするのと同じくらいのエネルギーを消費します。

ラジオ体操には一体どんな効果があるのでしょうか?

ここでは、ラジオ体操の健康効果を紹介しながら、健康的な生活習慣に必要なポイントをお教えします。

スポンサーリンク

ラジオ体操の健康効果がすごい!その理由とは?


ラジオ体操が愛されて80年が経ちますが、たった3分間ですが体中の筋肉をまんべんなく動かすことができる運動です。


ラジオ体操は有酸素運動

ラジオ体操を行う時に大切なのは呼吸です。ラジオ体操をしていると”大きく息を吸って吐いて”と聞こえますが、この呼吸がポイントです。例えば、伸びの運動では息を大きく吸いながら腕を前から振り上げます。そして、息を吐きながら腕を横から下げていきます。ラジオ体操第一だけでも13種類の運動がありますが、このように呼吸をしながら全身の筋肉を動かすことを有酸素運動といいます。酸素を使って体脂肪を燃焼させエネルギーを生み出す有酸素運動のメリットは血行が良くなることです。血行が良くなることで

さまざまな健康効果が現れてきます。


ラジオ体操の素晴らしい健康効果




体内の血行がよくなることで現れる効果には、肩こりや首のこりの解消、冷え性の解消、便秘の解消などがあります。血行不良といえば肩こりですが、同じ姿勢でいると肩や首の血行が悪くなり、筋肉が固まって肩こりを発症します。この肩こりを解消するのにラジオ体操は大きな効果を発揮するのです。

そして、冷え性は血行不良で発症するのはよく知られていることですが、筋肉を動かさないことが大きな原因になっています。どこでも簡単にできるラジオ体操は冷え性改善にはたいへん有効なのです。さらに、女性の大敵である便秘は腸内環境の悪化が原因になります。血行が良くなることで新陳代謝が活発に行われ、老廃物の便もスムーズに体外に排出され便秘が解消されていきます。



また、ラジオ体操では普段使っていない筋肉を動かし、体の歪みを矯正する効果があります。呼吸をしながら全身の筋肉を伸ばすのはストレッチと同じです。体を回したり捻ったり伸ばしたりすることで姿勢を良くしてボディラインを引き締めていきます。

また、全身の筋肉を使うことで血流が良くなり基礎代謝がアップしていきます。その結果、脂肪が盛んに燃焼されダイエット効果も期待できます。さらに、ラジオ体操はリズムに合わせて体全体の筋肉や関節をバランス良く動かすように構成されています。

そのため、リズム感を養い高齢者の脳トレにもぴったりの運動といえます。


ラジオ体操はいつ行うか

ラジオ体操は朝に行うイメージですが、やはり朝に行うのが一番効果的です。朝に運動することで脳への血流が促進され、脳を活性化させることができます。その結果、頭がすっきりと冴えた状態で1日を過ごすことができます。また、朝の運動は腸も活性化させるので便秘も解消する効果がありますし、運動後の朝食も美味しくいただけます。また、ラジオ体操を日中に行うのも身体のこりや緊張をほぐす効果があるので、朝と昼にラジオ体操ができると理想的です。

手軽に出来るストレッチ、ラジオ体操、規則正しい生活、食事で健康的な毎日を


健康的な毎日をおくるためのポイントは、運動・食事・睡眠の規則正しい生活習慣を心がけることです。その結果、健康維持にとても大切な役割をする自律神経を安定させることができます。この自律神経が安定すると質の良い睡眠が得られます。質の良い睡眠は疲労とストレスを解消し、新陳代謝が活性化され、成長ホルモンの分泌も促進するというようにいいことばかりです。決まった時間に寝て、ぐっすり熟睡し決まった時間に起きるという生活リズムは、私たちの健康維持のためにはすごく大切なことです。

そして、適度な運動として最適なのがストレッチやラジオ体操、ウォーキングなどの有酸素運動です。適度な運動をして適度に疲れることで心地よい睡眠につながっていき、自律神経の安定につながっていきます。

そして、食事はバランス良く食べることを心がけ、腸内環境が良くなる乳酸菌や発酵食品などを欠かさないようにしましょう。


まとめ

ラジオ体操はだらだらとしないことがポイントです。最後の深呼吸まできびきび行うことで効果がアップします。朝のラジオ体操前には、軽く水分補給をすると体に優しい効果があります。無理なく、楽しく続けてみましょう。





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする