50代60代から始める健康にも良い老後まで出来るおすすめの趣味(スポーツ) 




趣味のある方は長生きすると言われます。シニアライフにとって趣味やスポーツは、体力維持だけでなく生きがいにもつながっていきます。最近では脳トレで脳を活性化させるために趣味を持つ方が増えていいます。

ここでは、シニアライフを充実させるためにおすすめのスポーツを紹介します。ご自分の体力や好みに合わせてスポーツに取り組んでみましょう。

50代60代からでも遅くない。老後まで出来るおすすめスポーツまとめ




加齢によって体力が低下してくるのはしかたないことです。しかし、スポーツをすることで体力の衰えるスピードを遅くすることはできます。高齢者におすすめの運動としていろいろありますが、健康への効果が大きいのは有酸素運動です。有酸素運動は体脂肪を燃焼させるのでダイエット効果がありますし、血行が良くなることで老化防止やボケ防止の効果があります。

そこで、おすすめはウォーキング・スロージョギング・水中ウォーク・サイクリング・ラジオ体操です。また、筋トレは成長ホルモンの分泌を促進させて若々しい体を作る働きがあるので、高齢者に向いている筋トレを一つおすすめします。



◆ウォーキング

ウォーキングは日常生活の中に無理せず楽に取り入れることができます。ウォーキングも立派な有酸素運動ですからダラダラとゆっくり歩いては効果がありません。背筋を伸ばし体幹を意識し、急ぎ足くらいのペースで歩きます。ただし、肩に力を入れると

長い時間歩けないのでリラックスして歩くことが大切です。毎日30分以上歩くことで有酸素運動の効果が上がります。

◆スロージョギング

ウォーキングの運動強度で物足りない方はスロージョギングをおすすめします。スロージョギングは笑顔を保てるニコニコペースでゆっくり走ることを言います。スロージョギングは、1kmを8分~9分のゆったりとしたペースで30分~1時間を目標にすると良いと思います。最大心拍数の60~70%の心拍数で走ると、脂肪燃焼効率が最も効果があります。

◆水中ウォーキング

高齢者になるとちょっとした段差で躓き転倒する危険があります。そのような転倒を防ぐにはプールウォーキングがおすすめです。プールでは水の浮力があるので関節などにかかる負担も少なくなります。また、水中では常に水の抵抗を受け少ない運動量でも高い効果を得ることができます。水中ではウォーキングだけでなく、最近ではインストラクターの指導のもとエアロビクスやダンベルトレーニングなどのトレーニングもあります。


◆サイクリング

自転車は少し息が切れるくらいの負荷をかけて走ることで、有酸素運動としてはとても良い運動になります。ギアのついている自転車なら自分の体力にあった負荷を選択することもできます。普段使っている自転車で少し遠回りをして用事を足すたけでも良い運動になります。

◆ラジオ体操

ラジオ体操は、有酸素運動の効果だけでなくストレッチ効果や筋トレ、バランス感覚、リズム感など総合的なトレーニング効果があります。その結果、血行が良くなり新陳代謝が活性化され健康にはとっても良い効果があります。たった3分間ほどの体操ですが、究極の健康法です。1日に朝と昼に1回ずつできると運動効果もアップしていきます。



◆筋トレ・スクワット

人間の筋肉の70%は下半身にあり、下半身の筋肉の衰えは全身の筋肉の衰えにつながっていきます。足腰は健康の基本と言われますが、シニアの方にはスクワットをおすすめします。スクワットで大臀筋や大腿四頭筋などの大きな筋肉を鍛えることで基礎代謝が上がります。また、基礎代謝が上がると新陳代謝も活性化されメタボの予防になります。筋トレは体力を向上させるだけでなく、メタボを予防して生活習慣病の予防にもつながっていきます。

体力の衰えを感じる方が多くなる年齢だからこそ、体力をつけましょう




体のあらゆる機能は20代をピークに徐々に衰え始めます。働き盛りの30代はスポーツを楽しむ余裕がなく体力はどんどん衰えていきます。

しかし、50代、60代になってから運動を始めても若い頃の体力を取り戻すことは可能です。私たちは、運動をしないと足腰が衰えますが心肺機能も衰えていきます。ちょっと階段を上っただけで息切れをしてしまうのは運動不足によって心肺機能が衰えている証拠です。心臓に強い負荷をかけるような激しい運動は運動が嫌いになり長続きしないことになります。1日30分でも適度な運動を行い適度な負荷をかけていくことがトレーニング効果を高めていくことになります。私たちの体は、加齢とともに筋肉量が減り脂肪分が増えていきます。

このように体の組成も変化していくので運動で脂肪を燃焼させていかなければ、脂肪がどんどん溜まる一方になります。そこで、おすすめなのがゆったりとしたスポーツである有酸素運動がおすすめです。さらに、骨は動かさないでいると老化し骨折しやすくなります。骨を丈夫に保つためにも有酸素運動で適度な刺激を与えていくことはたいへん効果的です。


まとめ

シニアライフで大切なのは健康で長生きすることです。今、重要視されているのが、まさに”健康寿命”なのです。誰もが元気に生き生きとした生活をおくりたいと願っています。

そのためには、50代や60代からスポーツを趣味として初めても決して遅くありません。生きがいを持って前向きなシニアライフを過ごしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする