【グルコサミン】効果効能や副作用、評判について

グルコサミンの効果

グルコサミンは糖(グルコース)とアミノ酸が結びついたもので、アミノ糖と呼ばれる物質の一つです。人間も含めて動物の皮膚、骨や軟骨、あるいはエビやカニなどの甲殻類の殻に多く含まれていますが、年齢とともに減っていきます。

グルコサミンはとくに関節の間にあって年齢とともにすり減った軟骨の再生に効果効能があり、関節の動きを滑らかにしたり、関節の炎症や関節痛を軽減したりする働きがあると言われています。実際、軟骨の再生に効果があるのはグルコサミン以外にはないという評判です。

グルコサミンはサプリで補うのが効果的

グルコサミンの評判

上に書いたように、皮膚や骨・殻といった、普通は口にしない部位に多く含まれるわけですから、食べ物にはごく微量しか含まれません。単に食生活を改善することでは減ってしまった分をなかなか補いきれないわけです。ただし、サプリメント等で補ったからと言って、鎮痛薬を服用したときのようにすぐに関節痛が治ったりすることはあまり期待できません。これは、効果が軟骨の再生であることを考えると納得がいきます。痛み止めならすぐに効果が現れるでしょうが、軟骨の再生となると時間がかかるわけです。少なくとも数週間から数ヵ月と、ある程度長期的に摂取し続けることが必要です。

通常、化学的に合成されるものではなく天然の甲殻類の殻をもとに作られます。もともと人間の体にも存在するものであること、原料が天然由来のものであることから、適度に摂取する限り副作用はほとんどなく、あったとしても胸焼けや胃痛といった軽度な消化器系の症状に留まるものと考えられています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする