八丁味噌に含まれるメラノイジンの健康効果がスゴイ、糖尿病や血糖値にも影響


様々な情報源がある今、健康に良いとされる食品が取り上げられることが多くあります。その一つとしても挙げられるのが八丁味噌です。

他の味噌と何が違うのか?なぜ健康にいいのか?気になる点について触れていきましょう。

八丁味噌は他の味噌となにが違うの?


単純に味噌が健康に良いのならわざわざ八丁味噌と限定して取り上げられることはなかったでしょう。他の味噌との違いがあるからこそ注目されています。



① 作り方の違い

一般的な味噌は、大豆・米麹・麦麹を混ぜて作るようです。ですが八丁味噌は大豆麹のみを使うというのが特徴です。長期間熟成させることにより旨味を凝縮させています。



② 作り方が違うことで何が健康に良くなるのか?

上記の作り方により他の味噌よりも高い抗酸化作用を発揮します。

その理由としては、メラノイジンと呼ばれる成分が多く含まれるからです。

八丁味噌のメラノイジンの健康効果がスゴイ、糖尿病や血糖値にも影響?

他の味噌との作り方の違いにより生まれるメラノイジンですが、どれほどの効果・効能があるのでしょうか?健康維持のために用いられる理由に触れていきましょう。



① メラノイジンとは?

八丁味噌の大きな特徴として含まれるメラノイジンですが、聞きなれない人もいるでしょう。

メラノイジンとは、高い抗酸化作用を持っており健康効果が優れています。活性酸素を除去する力が強いので、抗酸化作用が強くなるということです。

作り方でも挙げたように、長期間の熟成により他の味噌よりこのメラノイジンが多く含まれます。



② メラノイジンの効果・効能

抗酸化作用が強いと身体にどういいのか?メラノイジンは血中コレステロールを低下させる効果があり、血糖値を正常に保つ働きを持っています。それにより糖尿病の予防になると言われています。

八丁味噌には塩分が少ないという特徴もあるので、同時に高血圧対策にもなります。

他には食物繊維と似たような効果もあると言われており、腸内環境をと整えてくれるようです。腸内環境の悪化は免疫力の低下や身体全体の不調にも繋がるので、血糖値や糖尿病以外にも、健康全般に対して役立つようです。

まとめ


多くのメディアで取り上げられている八丁味噌は、メラノイジンという成分を多く含みます。それによりコレステロール値の低下を促し血糖値を正常に保ち、糖尿病の予防として効果的です。

同時に腸内環境も整えて免疫力の低下を抑えてくれるので、健康維持のために大変役立つ食品と言えるようです。

高血圧や便秘の人にはもちろんですが、健康を保つために役立つ食品なので日頃の食生活に取り入れることをお勧めします。