食べ合わせの良い食材で相乗効果!栄養を上手に摂取し健康的に


栄養素が高い食べ物をそのまま食べても身体に良いでしょうが、食べ合わせることでより高い効果を出してくれるものもあります。

スポンサーリンク

食べ合わせの良い食べ物一覧と健康にもたらす効果


どういった組み合わせが良いのかを挙げていきましょう。また、それにより健康にどのような効果があるかにも触れていきます。


① サツマイモと人参

食物繊維+ビタミンC+βカロテンで便秘を解消!

食物繊維を摂取することで便秘を改善できると言われます。ビタミンCは乳酸菌を活性化させます。また、βカロテンは抗酸化作用があり内臓の活動を整えます。それと同時にβカロテンは油を体内へ吸収しやすくします。

サツマイモの食物繊維とビタミンC、人参のβカロテンを同時に摂取することにより腸内環境を整えやすくできます。


② アサリと海苔

ビタミンB群+鉄分+葉酸で貧血の予防と改善!

アサリにはビタミンB群と鉄分が豊富に含まれています。この2つは増血のビタミンと呼ばれるほど高い効果を持っています。海苔に含まれる葉酸は、赤血球の生産に欠かせない成分です。アサリ以外の貝類も似た効果を持っているので、貝類と海苔を同時に摂取することで貧血の予防や改善に効果があります。


③ ブロッコリーとアボカド

ビタミンC+ビタミンEで老化防止!

ブロッコリーとアボカドの食べ合わせは「老化防止の王様」と呼ばれるほど相性がいいです。ブロッコリーに含まれるビタミンCは高い抗酸化作用があります。アボカドに含まれるビタミンEも強力な抗酸化作用を持っています。サラダなどで手軽に摂取できるのでお勧めです。

1つ注意することは、ブロッコリーを茹ですぎないことです。ビタミンCは熱に弱いので、せっかくの栄養素を減らさないように気を付けましょう。


④ 青汁と乳製品


青汁の高い栄養+タンパク質で効果アップ!

青汁には多くの栄養素が含まれており、健康にいいことは良く知られています。ですが、青汁だけで必要な栄養素を全て摂取できるわけではありません。青汁に足りないものと言えばタンパク質です。青汁に牛乳や豆乳などを入れて飲むことで、そのまま青汁を飲むより高い効果を発揮します。

まとめ

栄養を多く含む食品は耳にしますが、組み合わせることでより高い効果を発揮するようです。挙げた例の中でも単体で高い効果があると思っていたものもありますが、相性がいいものと一緒に摂取することで相乗効果を発揮するものも多くあるようです。

健康に気を遣っている人は1度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする